歯ぎしりの治療のことなら!



歯ぎしりの悪習慣から抜け出し、神経筋肉をリラックス>>

 

歯ぎしりを治療する

歯軋りによって歯にかかる圧力は、普段ものを噛んでいる時の数十倍にもなると言われております。歯軋りがひどい場合は歯が磨耗して歯が折れたり割れたりする歯の崩壊など様々な重大な悪影響が現れます。そのほかにも全身にいろいろな形で現れてくる場合もあり,顔面痛、頭痛、肩こり、イライラ、倦怠感、腰痛、不眠などがその典型です。


さて歯ぎしりには、主に3つの形があります。一般的な歯ぎしりの形である歯を横にずらしながら歯をこすり合わせるもの特有のきしり音を生ずるタイプ、上下的に力をかけて押し付けるもの、カチカチと小刻みに歯を鳴らすものです。


歯ぎしりの原因としては・癖や心因性ストレスによる 歯ぎしり・歯を食いしばることによってストレスを発散させていると考えられます。・習慣性によるもので職業・職種によるものでスポーツ選手に多く見られれる。内因性・咬合異常によるものでかみ合わせや顎の位置、合っていない金属などの被せ物など。


最後に歯ぎしりの治療法ですが、歯ぎしりの原因を除くことです。元々の歯が噛み合せの不整合や、虫歯治療で使用した金属冠による噛み合せの不整合があります。その歯ぎしりの原因となっている歯の治療や金属冠の交換をすることで、噛み合わせが改善されて歯ぎしりが少なくなります。


マウスピースなどの歯ぎしりの治療法はやはり一時的な治療にすぎないのではないかと思ってしまいます。結局は改善されていないような気がしてなりません。やはり根本から解決するような治療法を選択するほうが良いのではないでしょうか。安眠を確保するためにもきちんと治療をして解消していきましょうね。

歯ぎしり予防法 | Comment(1) | TrackBack(0) | 歯ぎしり

歯ぎしりの弊害

歯軋りによって、眠れないなどの騒音が最も多いと思います、本人だけでなく、隣の人にも不快感を与えますが、歯ぎしりによって大変な咬合力、加重が奥歯にかかり、歯が磨り減ったり、重症になるとあごの関節の痛み、口が開けづらい、あごが疲れるや冷たいものがしみる知覚過敏などの障害がでてきます。


さて歯ぎしりには、主に3つの形があります。一般的な歯ぎしりの形である歯を横にずらしながら歯をこすり合わせるもの特有のきしり音を生ずるタイプ、上下的に力をかけて押し付けるもの、カチカチと小刻みに歯を鳴らすものです。


歯ぎしりの原因には・精神的、肉体的なストレスによるもの。・歯並びが悪い、上下の歯のかみあわせが悪いなどによるもの。・歯槽のう漏、鼻、のどの炎症が起こすもの。・胃腸障害や甲状腺機能亢進などがおこす筋肉の緊張状態による。・遺伝的要因による。・癖によるもの。などがあります。


この歯ぎしりの治療法の最後の手段は、矯正治療ですが、歯ぎしりの矯正治療は、歯ぎしりを根本から治してしまうので、かなり効果が高いといわれています。治療後も、マウスピースなどの防止装置を使わなくとも静かに安眠することができます。


歯ぎしりというのはこれほどの弊害が起こる可能性があるわけですから、専門家に診てもらうのが良いのではないでしょうか。もちろん家庭で最低限の治療を行うこともできますがやはり専門家のほうがよりよい治療法を提案してくれるのはいうまでもないですね。個人で解決を目指すのであれば充分な知識を吸収しましょう。

歯ぎしり予防法 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯ぎしり

歯ぎしりについて

歯ぎしりは多かれ少なかれ誰でもやっていますが、ギリギリと音のする歯軋りは睡眠の妨げになるばかりではなく、確実に歯を破壊すると伴に、食物がない状態で強い力が歯の根に加わるため、組織が引き伸ばしたり、圧迫されたりして、歯の周りの組織が血流障害をおこし、歯周病や顎関節症を重症化させる原因にもなります。


問題の歯ぎしりの症状としては、以下のような状態があります。クレンチング(噛み締め癖、食いしばり癖)やタッピング(上下の歯を連続的ガチガチと音を立てて噛む)、グラインディング(ギリギリと歯を磨り潰すような音がする)などがあげられております。


歯ぎしりがどのようなメカニズムで起こるのかは未だ明確になっていません。歯ぎしりの主な原因は3つあります。・肉体的、精神的ストレスが要因 ・虫歯の治療後詰めた物が大きすぎて、正常な噛みあわせが得られず歯ぎしりが起こる場合もあります・枕の高さがあわずに 顎が上がった状態だと歯ぎしりしやすくなる。


治療法として自分でできる歯ぎしりの治療法は、日常のストレスを発散させるために日ごろから適度に息抜きをしたり、スポーツをしたり、散歩したり、気分転換をはかるとよいでしょう。枕を高くしないなど、寝る方法を変えるのもよいでしょう。


やはりほおっておくことが一番よくないのではないでしょうか。彼氏(彼女)と一緒に寝るときには恥ずかしい思いをするかもしれませんね。仲がよければ気にならないかもしれませんが、やはり女性であれば歯ぎしりをすることを知られるのが恥ずかしいという人もいると思います。これはクセで済ませられるものではないと思うので治療をお勧めします。

歯ぎしり予防法 | Comment(0) | TrackBack(1) | 歯ぎしり